加藤エアコンサービス

Q)真空引きによるエア抜きをおこなっていますか?

A)はい、おこなっております。

高真空電動ツーステージ真空ポンプを採用

 当店では、取り付け工事や修理の際におこなう真空引き作業には100V電動ツーステージ真空ポンプを使用しております。

 “ツーステージ”は真空ポンプ部が2段階に構成されており高真空度が得られます。もともと真空ポンプで完全な真空到達はできませんので可能な限り真空に近い状態を得るためのものです。

真空引き作業の様子
真空引き作業の様子
真空ポンプの上部には真空計。真空ポンプと室外機のサービスポートの間にはマニホールド(連成計)を接続しています。
 工事終盤にはポンプを回すための電源をおかりします。

真空ポンプのメンテナンスも怠りません。

 真空ポンプにはオイルが入っており、ベーン部のシールと潤滑等の役割をしています。高真空度を得るため自動車のエンジンオイルと同様に定期的なオイル交換を行っております。

簡易式の真空ポンプは使いません。

 当店では手動式や電動ドライバーに取り付ける簡易真空ポンプは真空度および信頼性に欠けるため使用しておりません。

真空ポンプを取り外す方法もわきまえております。

 真空引き作業完了時にホースを外す際にはエアが戻らず、ガスの流出も少ない方法でおこないます。

 冷凍サイクル(冷媒ガスが流れる経路)は空気が混入すると運転時の圧力が高くなり故障や事故、効率低下などを引き起こします。

前のページへ[戻る]

上記リンクで戻れない場合はブラウザでお戻りいただくか
[エアコンQ&A]または[HOME]

加藤エアコンサービス

ライン

Copyright(C)1999-2018 KatoAirconService