加藤エアコンサービス

Q)取り外し時、エアコンに入っているガスはどうなりますか?

A)室外機に回収(ポンプダウン)いたします。

ポンプダウン

 エアコンのガスは室内機と室外機を循環しており、パイプを取り外す前に室外機に回収(ポンプダウン)いたします。取り付け工事の際に真空引きをおこないバルブを開ければ取り外し前とほぼ同じ状態で使用できます。

 ポンプダウンをする前に温度測定等によりガス漏れなどがないかチェックします。

 ガス量や冷凍サイクルに異常が無い場合は、圧力計は使用せずポンプダウンをおこないます。そのほうがガスの減少を少なくでき空気混入もしません。

 ガス不足などで空気混入の恐れがありポンプダウンは危険と判断した場合はさらに圧力計で確認することがあります。

危険なディーゼル爆発

 ネット上にエアコン取り外し作業の仕方などが掲載されているようですが、一歩間違えますと爆発事故を起こしかねない危険な作業です。
 爆発はポンプダウン中に起きます。ガスが漏れているエアコンやパイプの接続が緩めてあるもの、バルブ部のパッキン不良のものは大気が冷媒サイクル内に吸入されることがあります。そして空気とコンプレッサーオイルの混合気となり、コンプレッサーの圧縮熱により発火爆発(ディーゼル爆発)するようです。
 実際に起きた事故の資料写真を見ると室外機が原形をとどめないほど粉々になりコンプレッサーや周辺機器は爆発で吹っ飛び見あたらない状態です。

 くれぐれも「取り外しくらいは自分で」と思わないでください。

前のページへ[戻る]

上記リンクで戻れない場合はブラウザでお戻りいただくか
[エアコンQ&A]または[HOME]

加藤エアコンサービス

ライン

Copyright(C)1999-2018 KatoAirconService