加藤エアコンサービス

Q)壁にパイプを通す穴がなく開けることもできない場合は?

A)窓にパネルを入れて配管する方法があります。

 集合住宅などで壁に穴あけができない場合ではサッシにパネルを入れて配管できます。

窓用パネル
パネルの使用例。

○パネルの種類

・[ガラス小窓用]:団地などでサッシ上部にある換気用ガラス小窓(高さ10cm程度)へ入れるタイプ。樹脂製

・[天窓用]:天井近くにある高さ40cm程度の窓用。アルミ製

・[腰高窓用]:高さ100cm程度の窓用。アルミ製

・[掃き出し窓用]:高さ180cm程度の窓用。アルミ製

 「ガラス小窓用」はサッシの換気小窓にパイプを通すため、その窓(サッシ)は開けられなくなります。

○パネルを使用することによる問題点

・「天窓、腰高、掃き出し窓用」(アルミ製)は窓枠の隅にパネルを付けるため窓を閉めたときにパネル分のズレが生じサッシに付いてる鍵が使用できなくなり、パネルに付属している補助鍵を取り付けることになります。またサッシの気密性、遮音性は失われます。

・またパイプが通っている幅の分、窓が全開できなくなります。

・防犯上はあまりよくありませんので1階での使用はおすすめできません。

前のページへ[戻る]

上記リンクで戻れない場合はブラウザでお戻りいただくか
[エアコンQ&A]または[HOME]

加藤エアコンサービス

ライン

Copyright(C)1999-2018 KatoAirconService