加藤エアコンサービス

Q)マルチエアコンとは?

A)室外機1台に対し、複数台の室内機を接続できます。

マルチ概念図
マルチエアコンは図のように1台の室外機に2台またはそれ以上接続できるようになっています。

 個別運転も可能で、A室、B室の両方を同時に運転できるのはもちろん、どちらか片方だけで運転することもできます。

 温度設定や風量なども個別に設定して使用可能です。

 ただし冷媒を圧縮循環させるコンプレッサー等は室外機内部に1つなのでA(またはB)室が冷房でB(またはA)室が暖房という互い違いの運転はできません。

マルチ室外機(二室マルチ)の配管類接続部
マルチ室外機

○マルチエアコンのメリット
 ・室外機の台数を減らせて省スペース。
 ・エアコンに必要となる電源(専用回路)の本数を減らすことができる。

○マルチエアコンのデメリット
 ・本体価格の高いものが多い。
 ・室外機の設置場所によっては施工費が高くなることもある。
 ・エアコンの本体交換時にはすべてセット交換になるので高価になる。
 ・室外機が故障すると接続された室内機すべての冷暖房が効かなくなる。
 ・どこか1か所でもガス漏れを起こすとすべての冷暖房が効かなくなる。
 ・室内機の台数を減らすことのできる機種が少ない。

 最後の“室内機の台数を減らす”とは、例えば室内機のうちどれか1台がガス漏れを起こし、しかも部品がなく修理できない場合にその室内機を室外機から取り外して残りの正常な室内機だけで減設使用するなどのことです。
 しかしマルチ室外機では室内機を1台のみ接続して運転することは設計上できないようになっているものが多いためエアコン本体の総入れ替えになることがあります。

 以上のことから現在では建物の設備上の理由でマルチエアコンが必要な場合を除き購入される方は少なくなっています。

 マルチが必要な場合もありますのでお困りのことがございましたらご相談ください。

前のページへ[戻る]

上記リンクで戻れない場合はブラウザでお戻りいただくか
[エアコンQ&A]または[HOME]

加藤エアコンサービス

ライン

Copyright(C)1999-2018 KatoAirconService