加藤エアコンサービス

Q)エアコン工事に「電気工事士」の資格は必要?(ご質問者様)

A)必要です。(エアコン工事は電気工事を伴います。)

エアコン工事には電気工事士でなければできない作業があります。
(アース工事、コンセント交換、専用回路増設、エアコン本体工事のところどころ・・・)

 電気工事は「内線規程」に沿った工事を求められ、仕事として工事を行うには資格を取得し電気工事業を登録している事業所に勤め、主任電気工事士の監督のもとで作業に従事することで実務経験を積みます。
 さらに開業し電気工事を請け負う場合には電気工事業の登録が必要になります。

内線規程

 私が所持している資格は取得順に「第二種電気工事士(旧電気工事士で取得)」、「高圧電気工事技術者」、「第一種電気工事士(免状あり)」です。

・第二種電気工事士は一般用電気工作物(一般家庭や小規模店舗など)の工事に必要です。
・第一種電気工事士は自家用電気工作物(工場など高圧受電している建物など)の工事に必要で試験に合格するだけでは免状は交付されません。
 電気工事士の免状は工事の際、常に携帯し求められた場合は提示することになっています。

さらに詳しく知りたい方はこちら(PDF)

前のページへ[戻る]

上記リンクで戻れない場合はブラウザでお戻りいただくか
[エアコンQ&A]または[HOME]

加藤エアコンサービス

ライン

Copyright(C)1999-2017 KatoAirconService