加藤エアコンサービス

Q)ドレンの「ポコポコ」音防止(エアカットバルブ等)は扱っていますか?(ご質問者様)

A)はい、扱っております。

 エアコンの室内機から聞こえてくる「ポコポコ」音はマンションなど気密性の高い建物で窓を閉め切って換気扇を使用したり、強風が吹いているときなど室内の気圧が下がってドレン排水管内を外気が逆流し、ホースの中の水がはじける音です。(窓を開けるとだいたい止まります)

 音の出ている場所によって聞こえ方に違いがあり、室内機近辺では「パタッ、パタッ、」や「ピチャッ、ピチャッ、」、パイプの中間では「ポンッ、ポンッ、」、屋外出口に近くなると「ボンッ、ボンッ、」と遠くになるにつれて音が低くなります。いずれも室内機から聞こえます。また室内機の近くで音がしている場合はドレンパンに逆流し水漏れすることもあります。

 大抵はドレン勾配(外に向かって下り)の不足により生じますが、換気扇が強力な場合は勾配があっても音が出てしまうことがあり、やむを得ない場合にのみ音防止の逆止弁を取り付けます(有料)。

 ドレンホースが途中(壁の穴の中など)で逆勾配になっている場合は水溜りができていますので勾配修正が必要になります。修正せずに逆止弁でごまかすと後々不具合の元になりますのでオプション品として勧められても気軽に取り付けるのはよくありません。

 取り付けた場合はシーズン前にご自身で掃除をしたり動作を確認したりとメンテナンスが必要で、それを怠ると室内機から水漏れすることがあります。

前のページへ[戻る]

上記リンクで戻れない場合はブラウザでお戻りいただくか
[エアコンQ&A]または[HOME]

加藤エアコンサービス

ライン

Copyright(C)1999-2017 KatoAirconService