加藤エアコンサービス

Q)ドレン排水の施工方法は?

A)水漏れのないように施工します。

屋内を通過するドレン排水パイプには断熱ドレンホースを使用します。

写真)断熱ドレンホース。
断熱ドレンホース

 ドレン排水は室内機の冷却器に結露した水なので室温よりも冷たく、屋外用のドレンホースを断熱せずそのまま使用するとホースの表面が結露し水垂れを起こします。また以前は屋外用のドレンホースに保温材を被せて施工したこともありましたが、現在の屋外用ドレンホースは50cmごと(昔は1mごと)につなぎ用の曲がらない部分があるので、屋内での曲がりが多い配管や穴の出口など荷重のかかる場所ではつぶれたり折れたりして適しません。断熱ドレンホースはそのような問題をクリアできます。

屋外に使用するドレンホースは耐候性に優れる二重構造(内側が黒くなっている)のものを使います。

写真)高耐候性のドレンホース。
高耐候ドレンホース

 昔からよく使用されていた単層構造のものは紫外線による劣化が早く、直射日光のあたるところでは1年程度で硬化し、風や手で動かしたりすると「ポキッ」と折れてしまいます。数年経つとバラバラに崩れてしまいます。

 二重構造の高耐候性ドレンホースは劣化しにくくなっているので長期間使用できます。

ドレン勾配について

 ドレン勾配は排水を重力で流す“坂”みたいなものですが、仕上がりの見た目を重視しすぎて水平にしたりすると長期の間には詰まったり、マンションではポコポコと音がしたりと問題が発生します。

 ポコポコ音は逆止弁のようなものを取り付けることにより解消できますが、メンテナンスが必要になったり後々面倒なのでできる限り勾配をとって音がしないようにするのがベストです。ただし、換気扇(特にレンジフード)が強烈だったりすると勾配をとっても音が出てしまうことがあり、その場合は逆止弁を付けることになります。

下の図は水漏れを起こす典型的な例です。

ドレン不良の例

 途中に逆勾配や端末の持ち上がり、水没があると詰まったり、エアロックがかかって室内に水漏れを起こす恐れがあります。またこれらはポコポコ音の最たる原因となっています。

前のページへ[戻る]

上記リンクで戻れない場合はブラウザでお戻りいただくか
[エアコンQ&A]または[HOME]

加藤エアコンサービス

ライン

Copyright(C)1999-2018 KatoAirconService