加藤エアコンサービス

Q)壁にパイプを通すための穴あけ工事はできますか?(ご質問者様)

A)モルタル、サイディング、ALC、トタン等、ほとんどのものに穴あけできます。

 一戸建てでしたら多くの場合、室内機の裏に穴をあけることが可能ですので室内側にはパイプが見えないようにできます。
 ※一戸建てでも建物の構造や条件によっては見えてしまうことがあります。

 建物の構造部(筋交い、柱など)に穴を開けることはできません。耐震強度が低下します。

 当店で工事の際には図面などをお持ちでしたら筋交いや柱の配置がわかりますので拝見させてください。

写真)穴あけ用コアとドリル
穴あけコア、ドリル

写真)穴をあけたところ。壁の中、右側に柱が見えます。
穴を開けたところ

写真)養生管を差し込んだところ。
養生管を入れたところ
状況により電線にはさらに合成樹脂電線管を使用することがあります。

養生管の必要性
 当店では穴を開けた後には樹脂製の養生管を差し込み、虫の侵入やネズミによるカジリの被害を防ぎ配管類を保護します。

 ラス網からの漏電を防止するためさらに電線管を入れる場合があります。ラス網は金属の網でモルタルの外壁で下地のように使用され、漏電した場合に電熱線のように発熱し火災事故に至る可能性があるため電線と接触しないようにする必要があります。

 ※”鉄筋コンクリート”への配管用穴あけは現在行っておりません。

前のページへ[戻る]

上記リンクで戻れない場合はブラウザでお戻りいただくか
[エアコンQ&A]または[HOME]

加藤エアコンサービス

ライン

Copyright(C)1999 KatoAirconService