加藤エアコンサービス

Q)フィルター自動掃除機能で手間いらず?

A)フィルター自動掃除機能に任せきりはいけません。

自動フィルター掃除付きエアコン
写真)自動フィルター掃除付きエアコン

 近頃の上位機種はフィルターを自動で掃除してくれるので、それを選んで買われる方が多くなりました。

 ただし取り扱いを間違えるとエアコンが効かないだけでなく、故障する恐れもありますので注意してください。

 取り付けてから2~3年後くらいでエアコンが「効かなくなった」、「効きが弱い」と修理依頼がよくあります。そして点検してみるとフィルターの網の目が完全に詰まって窒息状態です。

 お客さまは「フィルター自動掃除が付いているから掃除しなくていいと思った。」・・・たしかに。

 自動掃除ではホコリの種類や油煙などによりどうしても詰まってきます。パッと見はきれいでも良く見ると詰まっていたりします。省エネを期待して高価なエアコンを選んだのにこれでは本末転倒かもしれません。

 当初発売された頃は「10年間手間いらず」というキャッチフレーズもありました。しかし実際は定期的にご自身で確認と状況によっては清掃が必要です。(説明書に書かれています)ただ、自動掃除機能の付いたエアコンのフィルターは脱着が面倒です。
 またかえって掃除のタイミングがつかみにくいということもあるかもしれません。そのほかエアコンクリーニングを頼むと分解が難しいため別途費用がかかることもあります。

○エアコンの寿命を縮めます。

 どのエアコンでもフィルターは人の手で掃除しないとしまいには本来流れるところではない部分に空気が流れそこもホコリが詰り始めます。冷暖房の効きが悪くなるのはもちろんのこと、ヒートポンプサイクルに悪影響を与え故障の原因となってエアコン本体の寿命を縮めます。

 信用せずにたまに確認するようにしましょう。

前のページへ[戻る]

上記リンクで戻れない場合はブラウザでお戻りいただくか
[エアコンQ&A]または[HOME]

加藤エアコンサービス

ライン

Copyright(C)1999-2018 KatoAirconService